【今宵の闇知識21】
2010年に創始され「コピミスト」と呼ばれる信奉者。情報を複製したりファイルを共有することは神聖な行いであるとするもの。
スウェーデンに本拠地があり政府の金融業務法政庁によって宗教的団体と正式に認められた。それはコピミズム伝道教会。

【今宵の闇知識20】
2014年頃に開発中止された「Blood Sport」というゲームがあった。キャラクターがダメージなどで、流血すると。
現実世界のプレイヤーは、腕に刺した針から血を抜かれるというもの。
ゲーム中に抜かれた血は、病院の献血に活用される予定だった。

【今宵の闇知識19】
よく飲み会で行われる乾杯行為。その起源の1つとして、グラスをぶつけてお互いのグラスに入った飲み物を飛ばし、
お互いがそれを飲み干すことで、毒が入っていないことを確認して信頼関係を確かめたことが乾杯の由来だという説がある。

【今宵の闇知識18】
世間的に、レディ・ファーストは、男性が女性に対して優しく振る舞う騎士道精神や紳士のマナーだと思われがちだが
最初に女性を犠牲にして男が暗殺などから逃れるための安全確認の手段として生まれた習慣という説もある。

【闇知識17】
中国で生まれた暗殺ティーポットというものがある。空気圧の仕組みを応用し、同じ注ぎ口から、
違う種類の飲み物を注ぎ分け、特定の相手にだけ毒入りドリンクを飲ませられるというものである。
現代では、通販でも売られている。

【闇知識16】
とても美味であるが、数切れしか食べてはいけない刺身がある。食べるとオムツ着用が必須となり、
意思とは関係なく排泄してしまうからだ。その魚の身の脂は、人間には消化吸収できないワックスエステル(蝋)である。
その魚の名は、バラムツ。

【闇知識15】
ネズミが感染するとネコを恐れなくなり、狼が感染すると群れのリーダーになる確立が高くなるという寄生虫がいる。
全人類の少なくとも3分の1が感染しているとされる。性格や行動にも影響しているのか?!それは、トキソプラズマ。


【闇知識14】
その地域に嫁ぐ時には『棺おけを背負って』と言われるほど恐れられた病があった。
お腹が太鼓のように膨れて亡くなるという。
それは、水に触れるだけで感染するという寄生虫の仕業だった。日本住血吸虫症。
【闇知識13】
女性の心臓に矢を向けて、その弓を男性が引き、男女がお互いにバランスを保つ作品がある。
男性がその矢を放てば女性を殺めることができるというもの。
マリーナ・アブラモヴィッチの「休息のエネルギー(Rest Energy)」という作品である。【闇知識12】
約70年前、岡山県で医学界を騒がせた。今だに原因不明の奇病が確認された。
排尿が10日以上出ないこともあり、傷口から、ひどい悪臭とともに膿と植物性の綿が人体から何度も発生するという未知の症状。
それは、綿ふき病と呼ばれていた。

【闇知識11】
19世紀イギリスで着た女性を命を奪う綺麗な緑色で死のドレスと呼ばれるものがあった。
舞踏会で着用し汗をかくことで体調不良になり倒れたという。
それはパリス・グリーンと呼ばれる緑色で美しい染料が使われており猛毒のヒ素を含まれていた。

【闇知識10】
燃やすと有毒な煙を出す、普通に街路樹として植えられている植物がある。
青酸カリよりも強毒で過去には、その枝をバーベキューの串として利用し死亡事故も起きている。
また素手で触っても炎症を起こす。その植物の名前は、キョウチクトウ。
【闇知識09】
とある湖に落ちた生き物は、その姿のまま石化してしまうという。
人間の場合だと、腐食性の火傷を負う可能性がある。その場所は、東アフリカ・タンザニアにあるナトロン湖。
しかし、その湖でも生きていける鳥がいる。それは、フラミンゴ。

【闇知識08】
スコットランドには、「エンド・オブ・ヒストリー」という11本しかない55度のビールがあった。
価額は約7〜9万円ほど。本物のリスとオコジョの剥製に瓶が詰められている。
ある団体が動物侮辱行為だと批判するも販売したのはブリュードッグ。

【闇知識07】
カナダには、塩漬けにしてミイラ化した人間の足の指をお酒に浮かべて、唇にその指を触れながら飲むというカクテルがある。
ちなみに、その指を飲み込んだ場合、罰金を支払わなければならない。そのカクテルの名前は、「サワートゥ」。
【闇知識06】
吸い込むだけでなく皮膚についても症状がでるという毒ガスがある。
それは、戦時中には、日本のとある島でも研究されていた。 その名前は、マスタードガス。
ちなみにその島は、現在、ウサギの楽園として観光名所になっている。

【闇知識05】
トイレットペーパー代わりに使った葉っぱが原因で、拳銃で自殺させた植物がある。
水を浴びるだけでも激痛に襲われ、眠ることもできず、痛み止めや麻酔がまったく効かなく、それが数年間続くこともある。
その植物の名前は、ギンピギンピ。

【闇知識04】
インディアンたちが定期的に自然環境を守る為に伐採した植物がある。
でないと埋め尽くされる可能性があるからだ。それは落雷を呼び寄せる為に高く成長し、
種子を発芽させる為に山火事を起こす植物なのだ。その名前は、ジャイアントセコイア。

【闇知識03】
世界最強の毒を持つ生き物は、ヘビでもクラゲでもなくイソギンチャクであるが…菌類も含めると、ボツリヌス菌である。
また同種?にあたる破傷風菌を話題にした映画「震える舌」がある。

 

【闇知識02】
日本国内にて最強の毒を持つ蜘蛛は、外来種のセアカゴケグモでもなく 在来種のカバキコマチグモという小さな蜘蛛である。
毒ヘビやフグより強い毒性を持つ。

【闇知識01】
毒を意味するポイズンとヴェノムの違い。 poisonは呼気や口、皮膚から摂取される毒に対して使われます。
venomは噛んだり刺されたりした時にできる傷口から入る毒をさします。